アイムグループ  
会社概要


アイム企業概念 企業理念
20世紀の大量生産、大量消費型の社会経済システムは物質的に豊かであり、便利な生活をもたらす一方で資源問題や環境問題をひき起こしました。21世紀はモノからココロの時代。
真に豊かで住みよい生活環境を目指した持続可能な循環型社会を構築していかなければなりません。

アイムでは、黒板・白板・掲示板等の品質や機能性を追求するとともに、板面・チョーク・ ラーフルクリーナーを 三位一体 として捉えた商品づくりから、より良い環境の創造を目指しています。

また、アイムではできるだけ産業廃棄物を出さないReduce(リデュース)、同じものを繰り返し使用するReuse(リユース)、資源ゴミを再利用するRecycle(リサイクル)の3R活動を推進し「製品やサービス のライフサイクル」を考慮した環境マネジメントにも積極的に取り組んでいます。
 
会社沿革
昭和57年9月、北は仙台、南は九州と全国の拠点地区の黒板メーカー8社の出資により、株式会社アイムを発足させる。資材の共同購入、カタログの編集発行、新製品の開発に取り組む。実用新案5件、意匠登録2件、カタログ発行6回。
平成11年10月、コンサルティング事業、技術取引の仲介斡旋、技術情報調査などを展開している株式会社テクノソフトと提携。各種自動組立機、複合機ライン、各種ロボット等を開発しているコアテック株式会社と連携して新製品サイクロンクリーナーを開発する。
主な資材開発として、安全ゴムパット付粉受、ソフトエッジ枠、VOC13物質をカットしてオールインワンをめざす新素材の掲示板表面材ニューエコチェッカー等に及ぶ。
設立当初の出資会社に変更はあるが、現在5社にて運営している。
 
アイムロゴ

株式会社 アイム

  本社所在地 〒550-0006 大阪市西区江之子島1丁目7-5
  設 立 1982年 (昭和57年) 9月1日
黒板メーカー8社の共同出資により設立
  資本金 2,000万円
  代表取締役 永友 光
  目 的 文教施設におけるより良い新製品のトータル開発
資材の共同購入
カタログの編集発行及び全国ネットワークにての体制確立
  グループ主要事業 黒板及びホワイトボードの企画・開発・製造・取り付け
大型施設設備機器の販売及び施工工事
映像機器の販売及び施工工事



■ クリックすると詳細ページがご覧いただけます。 スクマップ
昇降式掲示板 楽貼(らくてん) ラーフルクリーナー 電子黒板・インタラクティブボード エコチェッカー
ソフトエッジ枠 スクマップ インポートチョーク セパレックス